信頼ある巻き爪補正方法

サイトTOPページ

信頼ある巻き爪治療方法

巻き爪治療は手術が主体でありました。

しかし、現在は手術から矯正へと治療方法変化しつつあります。

理由として

やはり手術はリスクがあります。

手術のリスク
  • 皮膚を切開して爪を取り除く為痛い
  • 巻いてい爪を取り除くため爪が小さくなります。そのため爪の役割機能が衰える
  • 痛い思いをして取り除いた爪だが、残った爪の端からまた巻が進行してしまう
  • 残った爪手術の刺激により変形してしまう
  • 異所爪(いしょそう)とういい本来あるべきではない小爪が切除した部分から生えてきてしまう
  • 何回もの手術で爪が無くなってしまう
 

などのリスクがあります。

ですので巻き爪治療を行うのでしたら現在手術のではなく矯正がメインになってきており、当サイトも矯正を推奨します。

 

巻き爪矯正方法も多々ありますがそのなかでも

矯正技術、機能性、不具合、見た目、結果を包括的にみて当サイトが推奨する補正方法をお伝えします

 

logo1_1000p1

ペディグラテクノロジー

巻き爪矯正で最も大切なことは爪の根本を持ち上げることです。

手術は巻き爪を作っている「爪母」を取り除き爪を生えなくするという方法ですが

矯正方法は爪の切除しないため、巻き爪の原因である「爪母」部分は存在するのです。

 

ではどのように治療を行うのかと言うと、、、

 

爪を持ち上げて爪に癖をつける、また、爪を持ち上げることにより「爪母」に次ぎ作られる爪は真っ直ぐ伸びるようにと刺激をすることになります。

このことにより癖つけされた爪母は巻いている爪ではなくより真っ直ぐな爪を作るのです。

要するに爪母の育成が必要になります。

この作業に最も優れている技法がペディグラステクノロジーなのです。

 

ペディグラスは他の巻き爪治療ではできない根本への直接的なアプローチを実現し、

巻き爪の再発率をかなりの確率で軽減させることができる画期的な巻き爪矯正方法です。

 

巻き爪は根元から先端までしっかり巻いています。

痛みを伴う原因としては爪の先端が刺さっているからです。

ですので先端を持ち上げれば痛みは比較的簡単に取り除くことができます。

しかし、いくら先端だけ持ち上げても根本はしっかり巻いているため、その根本が伸びればまた巻きます。

大切なことはいかに根本を真っ直ぐにできるかという事になるのです。

nemoto_500-243pix1
 

これを最大限の結果を実現させたのがペディグラステクノロジーであり、今後の巻き爪治療の先駆者となる技術でしょう

Similar Posts:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

返信を残す

必須項目には印がついています*