爪の構造 各部位の名称と役割

サイトTOPページ

爪の構造 各部位の名称と役割

23-1

①爪先(そうせん・フリーエッジ)

爪が伸びて爪床から離れて指先に飛び出している部分。乾燥し硬くなり白くなっている

②黄線(おうせん・イエローライン)

爪甲と爪先の境目にあるぼんやりと黄色に見える線

この線は爪の情報を知る事が出来る大切な線であります

③ストレスポイント

黄線の両端のことです

爪にヒビが入りやすく、無理やり剥がそうとすると二枚爪になったり深爪になったりトラブルが起こりやすい場所です

④爪甲(そうこう・ネイルプレート)

爪床に乗っている部分をさします。うっすらとした色が少し入っているものの、ほぼ透明で爪床の毛細血管の血液の色が透けて見えるため、健康な爪甲は薄いピンク色をしています。

爪甲の主成分は「ケラチン」

⑤爪床(そうしょう・ネイルベッド)

皮下組織の一部で爪甲がその上にあります。爪床には、爪甲の形成と維持に必要な水分・栄養を供給するために血管が通っています。また神経も通っています。

⑥爪半月(そうはんげつ・ルヌーラ)

爪甲の端の部分で、ちょうど甘皮の近くにあるぼんやりとした白い色の半月形の部分です。

こではできて間のない爪なので柔らかく、強く押すとへこんだり鈍い痛みがあったりします。手荒に扱うと傷がつき爪に段ができることがあります。

⑦爪母(そうぼ・マトリクス)

爪が作られる場所です。

上から後爪郭が爪母を保護する役割を担っております。ですので外から見ることはできません。

皮膚の中に位置し、皆さんがみている場所は後爪郭です。

※後爪郭に強い刺激や圧を加える事により、伸びてきた爪が段になっていたり、傷がついて伸びることがあるので注意が必要

⑧側爪郭(そくそうかく・サイドウォール)

爪の両サイドにある厚みのある皮膚で、爪をサイドから支える、爪のを衝撃から保護する役割

⑨爪溝(そうこう・ネイルフォルド)

爪の衝撃から支える溝。爪の通り道とも言えるでしょう。

⑩甘皮・爪上皮(あまかわ・そうじょうひ、キューティクル・エポキニュウム)

後爪郭の上の部分で1~0.5ミリ程度の薄皮。雑菌が体内に入らないようにふたの役割をしています

爪の各部位の名所と役割でした。

爪を扱う際には知るべき必須項目です。

 

Similar Posts:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

返信を残す

必須項目には印がついています*