巻き爪予防 正しい爪切り 重要な3つのポイント

サイトTOPページ

間違った爪切りは巻き爪になる原因になります

今回は正しい爪の切り方をお伝えしますので

是非、実践していただき巻き爪予防に努めてください。

 

正しい爪切り 重要な3つのポイント

①爪はスクエアーに切る

スクエアーとは「正方形・四角」の意味を表します

切るポイントとしまして爪の先端を平らにする事です。

この切り方は巻き爪予防に大きな効果が認められています。

逆に言うとこれ以外の爪切りはでは巻き爪の原因にもなり、巻き爪を助長してしまうのです。

勿論、真四角ですと爪の端が引っ掛かりますので軽くヤスリで削り整えることは行ってください。

巻き爪予防・対策は爪切りの際は正面をスクエアーにして切る事を心掛けてください。

 

②爪のサイドは斜めに切らない

爪の両端を斜めに切ることは爪切りでは絶対にしてはならないことです。

斜めに切らない理由の一つに爪には役割があります。

これを斜めに切ることで失われてしまい、巻き爪になっていくのです。

ですので、爪の機能をしっかり保つためにも斜めに切る事は控えてください。

特に巻き爪になりかけている方は「斜めに切る」ことは巻き爪を助長してしまう原因ですので十分意識してください。

images20140417174234

③深爪に切らない

爪は根元にいくほど柔らかくなります。

深爪をすることにより少しの外力でも爪は傷がつき、簡単に爪自体が変形してしまうのです。

この変形した爪が皮膚にささり痛みを伴わしてしまいます。

爪の適切な長さは指先端より2~3ミリ後退したいちです。(爪の適切な長さ詳細

爪切りの際にこの長さで切ることで爪への負担もなく、巻き爪の原因も予防できるということです。

tumenokirikata
 

簡単そうの思えて実は中々難しい爪切り

この正しい爪切りだけでもかなりの巻き爪予防や爪の変形に効果実証済です。

あなたの足を守る大切な爪です。

爪切りの際だけでも目を傾けることをしてあげてください。

 

Similar Posts:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

返信を残す

必須項目には印がついています*