「長い爪」「深爪」は危険です。

サイトTOPページ

「適切な爪の長さ」

爪は常に適切長さに保つ必要があります。

この事により様々な爪のトラブルを予防することができ
なにより快適な暮らしや歩行を維持するために必要な事なのです。

爪のトラブルとして巻き爪があげられます。

巻き爪の原因としては爪の長さも関係してきます。

「長い爪」

爪は伸びれば伸びるほど巻きが強くなっていきます。
ですので伸ばしすぎの爪は必然的に巻いてくるということです。

爪を真上から見た際にピンク色をしている部分は皮膚から爪に水分や栄養が供給されています。
しかし、皮膚を離れてしまうとそれらは供給されない為、乾燥して硬くなり、色も白くなります。
これが爪切りの際に切る場所です。
爪は乾燥すると巻く傾向にあるのです。
ですので爪を伸ばしすぎてしまうと見る見るうちに巻きが進行し巻き爪になってしまいます。
また、伸ばしすぎの爪は靴の中で衝撃を受け、割れが多発します。
場合によっては内出血を伴うことも考えられますので、非常に危険です。
また、割れなくても長期間爪が圧迫を受けることにより爪の成長に悪い影響を与え、
分厚い爪(肥厚爪)となってしまうのです。

「深爪」

深爪は伸ばしすぎの爪より悪い影響を与えます。
爪は根元であればあるほど柔らかくなります。
ということは深爪をすることにより、わずかな圧力などは柔らかい爪に刺激が加わり、
刺激が加わった爪は変形しやすくなるのです。
場合によっては変形した爪が皮膚を刺して膿んだり、出血を伴わせる危険もあります。
爪に皮膚から栄養や水分を供給されている場所への刺激はなるべく避けなければなりません。

上記のことを踏まえ爪は適切な長さに保つことが理想なのです。

ここで推奨する適切な爪の長さは「指先端より1~2ミリ程度後退した位置」
%e5%90%84%e7%97%87%e4%be%8b%e3%80%80%ef%bc%91%ef%bc%90%e3%83%bb%ef%bc%91%ef%bc%981

これは、日本の靴事情にも関係があり、日本ではまだまだ理想的な靴を履いている人口が少ないので、
爪が指先から飛び出す場合に上記のような問題が生じるためです。
また、日本人の足の爪は平均して一カ月に1.5ミリ伸びるので常に指先から飛び出さない位置をキープするように設定しています。
また、これは実際の爪切りの現場で優れた成果をだしています。

「長い爪」「深爪」のリスクをお伝えさせていただきました。

Similar Posts:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

返信を残す

必須項目には印がついています*