脊柱管狭窄症は下北沢整体院【灯】にお任せください!!

こんにちは!整体salon 下北の灯です。

 

今日は歩くのもつらくなる腰の脊柱管狭窄症についてお話しますね。

まずはどのような症状なのか簡単にご説明します。

 

脊柱管狭窄症とはその名の通り脊柱管が狭くなってしまう病気のことです。


先天的にも後天的にも起こりうるもので、

頸椎(首)か腰椎(腰)に症状が出ることが多いです。

加齢や背骨の歪みなどで起きやすいですが、多くの方の原因は、姿勢の悪さによって脊柱管が狭くなる方が非常の多いのです。

 

脊柱管狭窄症になると、歩くと足が痛くなり歩けなくなりますが、

休むとまた歩けるようになる間欠性跛行というものが起こることがあります。

病院でMRI検査をすればわかりますので、

間欠性跛行かなって思ったら、一度病院で診断してもらった方がいいと思います。

 

当院では脊柱管がつまりやすくなる姿勢をしっかりと整えることで、

根本的に痛みに対してアプローチをしていきます。

脊柱管狭窄症でお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。

 

完全予約制 03-5787-5078

専用ホームページ→ 「整体salon 下北の灯

 

 

 

Similar Posts:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です