巻き肩と肩こりの関係! 下北沢整体

こんにちは!整体salon 下北の灯です。

 

今日は巻き肩からくる肩こりのお話をしていきますね。

さっそく巻き肩かどうかの簡単なチェックをしてみましょう!


 

壁にかかとをつけて無理せずに立ってください。

その時に壁に肩がしっかりとついていますか?

肩が壁から離れてしまっている場合や、

腕が横ではなくて前に出ている場合は巻き肩の可能性が高いです!!

 

正しい位置は無理なくたった時に、耳の穴と肩の中央(肩峰)が直線上にきているとばっちりです。

耳の穴よりも肩が前に出ていると巻き肩になります。

 

このチェックにより巻き肩とわかったあなたは頭も壁から離れていませんか?

肩が巻いてしまいますと首が自然と前に出てきてしまいます。

首の骨が真っすぐになってしまうストレートネックになりやすくなってしまいます。

巻き肩とストレートネックはセットでなっている場合がとても多いです。

 

肩が巻いていると肩甲骨が外側に広がってしまい、肩甲骨の動きが悪くなります。

そのため肩回りの筋肉のバランスも悪くなってしまいつらい肩こりになってしまいます。

また姿勢もくずれてしまうため、首や腰にも負担がかかり、

肩こりだけではなく他の部分にも痛みが出る可能性があります。

 

当院では肩と首を前に引っ張っている筋肉をしっかりとゆるめ、

肩甲骨と鎖骨の調整を行い姿勢を整えて治療していきます。

巻き肩やストレートネックなどでお悩みの方はぜひ当院にご相談ください。

 

完全予約制 03-5787-5078

専用ホームページ→ 「整体salon 下北の灯

Similar Posts:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です