巻き爪の痛み「我慢しないでください」

巻爪レスキュー世田谷

巻き爪・陥入爪による痛みや違和感を多くの方を悩ましております。

爪切りやちょっとした対処で一時的な痛みは軽減するが、また爪が伸びてくると再度痛みが生じる、、、

市販の巻き爪ケアアイテムを使うがあまり効果ない、、、

この文を読んでいるあなたも含め、上記のように思われている方はとても多いです。

 

「指先が痛む」

これはどのような事を意味しているのかと言うと

単純な話ではありますが、爪が皮膚にささり、皮膚が傷ついているという事です。

その状態を放置することにより、爪は皮膚にめり込み皮膚バリアを破り内部に刺さります。

これにより、その部分にばい菌が入り込み炎症、化膿、肉芽になってしまうのです。

 

巻き爪の痛みのほとんどの方が、爪先が皮膚に刺さっているため、皮膚に炎症がない状態でしたら

一回の治療で痛み自体は緩和されます。

しかし、皮膚に炎症を伴っている状態(化膿・肉芽)では先ず、刺さっている爪を持ち上げない限り中々よくならないのです。

ですので、いくら薬を塗っても、飲んでもよくならない方はそのような理由が挙げられます。

皮膚に炎症をともっている状態の方も、皮膚から爪を離してあげなければなりません。

離すことにより皮膚の回復はとても早いです。

 

巻き爪・陥入爪はが自分のケアですと、巻きや痛みが助長するケースが多いです。

まだ被害が小さなうちに専門の場所でケアする事で改善、巻き爪の進行が抑えられます。

 

たかが巻き爪ではありません。

あなたの日常生活にかなりの支障をきたし、足だけではない身体の部分にも痛みや歪みを生じさせます。

見て見ぬふりをしないで早めの行動を心がけましょう。

あなたの毎日が快適に過ごせるように。

 

「巻き爪・陥入爪専門」巻爪レスキュー世田谷

一日でも早く痛みを改善するよう心掛けております。

巻き爪・陥入爪・足でお困りの方はご相談ください。

 

専用ホームページ→ 「巻爪レスキュー世田谷」

完全予約制 03-5787-5078

 

 

 

 

 

 

 

Similar Posts:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください