【陥入爪治療】 巻爪レスキュー世田谷

巻爪レスキュー世田谷

巻き爪と陥入爪の違いをご存知でしょうか?

巻き爪とは:爪が巻き皮膚に巻き込む爪を定義

陥入爪とは:爪のサイドが皮膚に沈み込むことを定義

 

巻き爪


 

陥入爪


 

上記の画像でもお分かりになるように「陥入爪」は外見上強く巻いておりません。

しかし、痛みを強く伴いやすいのは陥入爪>巻き爪なのです。

陥入爪を放置することで、日々の歩行により爪は皮膚に刺さっていき、

皮膚の炎症・化膿・疾患を伴います。


 

上記の画像は陥入爪であり、皮膚に炎症を伴った爪・皮膚です。

決して稀なケースではなく陥入爪はこのような状態になりやすいです。

このようになってしまうと治療期間も長くなってしまいます。

「巻き爪」「陥入爪」で痛み・違和感が感じたらそれは皮膚が傷ついているということです。

放置しないで専門の場所で一度診ていただく事をお勧めします。

当店でもしっかりと診させていただき、必要であれば治療の方もさせていただきますので、

お気軽にお問合せください。

 




 

上記の画像は治療前の画像と、陥入爪治療2回目と画像のビフォーアフターです。

ここまで状態がよくなると生活もとてもらくですね。

 

 

 

これからも多くの爪でお困りの方を助けていきたいと思います。

 

専用ホームページはこちらより→ 「巻爪レスキュー世田谷」

 

巻爪レスキュー世田谷 院長 菊池

 

 

 

 

 

Similar Posts:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください