痛い巻き爪!皮膚の炎症・化膿がある場合は「これ」が原因かも

巻爪レスキュー世田谷

先日、患者様で巻き爪により皮膚が腫れあがり、炎症を起こしている状態でご来院されました。

 

施術前の状態


右側の皮膚が腫れあがっているのが確認できると思います。

この状態での生活はとても痛みを伴いながらの生活になります。

また、足は衛生的な部分ではないので、雑菌が傷ついた皮膚から入り、余計に腫れや炎症が広がってしまいます。

 

矯正途中経過の様子


これは巻き爪矯正経過の様子です。

補正器具で爪を持ち上げた際に出来た、「爪棘」が確認できます。

この爪棘が皮膚に刺さっていたので、痛み、化膿、炎症が強くでていたのです。

この患者さんは1ヵ月前は多少の違和感が出てたぐらいで、何も支障なく生活していたとの事、

しかし、1ヵ月間で爪は皮膚に刺さっていき、このような状態になってしまったのです。

 

現在多少の「違和感」「痛み」を伴っている方、お早目の対象が必要です!

画像でみると治療がすごく痛そうに感じますが、今回の状態でも、ほとんど痛みを与えることなく治療を行えますので、

ご安心ください。

 

当院は巻き爪専門院として、どのような巻き爪でも改善いたします。

巻き爪・爪にお困りでしたら、お気軽にお問合せください。

詳細はこちらより

サイトTOP



 

Similar Posts:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

返信を残す

必須項目には印がついています*