水虫は皮膚科へ 正しい皮膚科の見極め方

巻爪レスキュー世田谷

当院には

巻き爪の痛みで困りって来院される患者さん

  • 爪の色・形で困って来院される患者さん
  • 足の裏・指周りの、「魚の目・タコ」で困って来院される患者さん
  • 踵の角質で困って来院される患者さん
  • 足の痛み、外反母趾、扁平足、ムクミで困って来院される患者さん
上記の症状で来院される方が多いです。

 

爪・皮膚を診させていただいた際に、水虫の疑いがある方は、
  • 巻き爪
  • 角質
  • 爪の色・形の変化
  • 痒み、皮むけ
などの状態になっているケースがあります。

指周りの水虫は、「痛痒い」「皮がむける」などの症状がでますが、

爪や踵は自覚症状がでる場合が少ないです。

ですので、見た目、形、色の変化として現れます。

自覚症状が無いので、あまり気にされない方が多いですが、

水虫を放置する事で高まるリスクとして
  • 水虫が治りにくくなる。
  • 他の部位へ広がる:水虫を放置することで身体の様々な場所へ感染しやすくなります。(例:爪・皮膚・体幹・陰部・頭部)
  • 二次的感染が起こる:水虫により皮膚バリアが低下した皮膚から細菌が入り込み、蜂窩織炎といい皮膚が赤く腫れ、痛みを伴います。
  • 感染が周りに広がる:ずっと水虫をもっていることになるため、家族が水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)に接触する機会も増え、家族への感染拡大のリスクが高まります。
このように、水虫を放置することで、様々なリスク、トラブルが生じてしまうのです。

 

水虫は早めの対応が必要

自覚症状がある場合はもちろん、自覚症状がないケースで上記の爪・皮膚の症状に当てはまる方は、早めの皮膚科への受診をお勧めします。

ただ、ここで本題です。

皮膚科の先生がしっかりと見極めて判断しなければいけません。

当たり前ですが、この見極めを疎かにする先生もいらっしゃります。

特に「爪水虫」はしっかりと顕微鏡で見ないと判断する事はできません。

症状が進行しているケース・進行していないケースで見た目が変わってきます。

水虫にかかっているのに、見た目の判断で「違うから大丈夫だよ」言われ、

違う皮膚科に受診し、しっかりと顕微鏡で見て水虫と確認された患者さんが、当院にはたくさんいらっしゃいます。

 

皮膚科の先生がいい加減なのではなく、忙しいあまりに見た目判断になる場合もあるのです。

この記事を見ているあなたには、しっかりとその部分を知っておいてください。

 

当院は連携している非常に信頼をおける、病院、診療所がありますので、

水虫かなと思った際には、お問合せください。

ご紹介させていただきます。

【巻き爪・爪・足】でお困りの方はこちらより

http://makidume.xyz/

Similar Posts:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

返信を残す

必須項目には印がついています*