改善できない「巻き爪」ございません。

巻爪レスキュー世田谷

当院に巻き爪治療でご来院される患者さまの多くが、

「重度の巻き爪」「皮膚の炎症・化膿」「強い肥厚爪」「感染症の爪」

を伴っている方が多いです。

また、ほとんどの方が他の病院や治療院、ネイルサロンに行ったけど対応してくれなった

もしくは、簡易的な対応で、改善傾向がみられないとの事でご来院されます。

 

このような爪、巻き爪の方は他の場所での対応は難しいです。


 




 

全て重度の巻き爪・陥入爪であり、爪が皮膚を刺し「化膿」「出血」を伴っている状態です。

皮膚は腫れあがり、そこには膿が溜まりどの指もパンパンに赤身を帯びておられます。

見るからにしても痛々しい状態です。

このような爪だと病院に行ったほうが良いと思われると思いますが、病院では薬を処方して終わりのケースが多いです。

もちろん、皮膚に対しては薬を塗らないと早期の改善には至りませんが、皮膚の状態を良くしても爪が刺さったままでは、一時的によくなっても根本的な改善には至らないのです。

また、このよな爪の方に病院では手術を選択させられる場合があります。

この状態でもそうとう痛いです。そこに手術となると局所麻酔は殆ど利きません。

さらに痛い、辛い思いをしなくてはならないのです。

当院には、このような皮膚の炎症を伴った方や、重度の巻き爪の方が多く来院され、その日のうちに、歩くのが辛い状態から解放されてご帰宅されます。

ただ、炎症している皮膚は炎症が治まるまで触ると痛いですが、刺さっている爪が持ち上がっている分、歩行時に痛みや、立った際の痛みは全然違ってくるのです。

施術も痛みを伴わせないで行いますのでご安心ください。

当院では改善できない巻き爪はありません。ただ、やはりこのような状態になる前の早めの対応が必要になります。

  • 巻き爪が気になる
  • 最近、少し痛みを感じる
  • 靴下、ストッキングを履くと痛みがでる
  • 長時間歩くと痛い
などの症状を感じている方は注意が必要です。

足は衛生的にあまり良くないので、すぐに皮膚の炎症や化膿に繋がります。

 

巻き爪治療や巻き爪でお悩みの方は先ずはご自分の爪を知るために無料カウンセリングからお問合せください。

詳細はこちらより

サイトTOP



 

 

Similar Posts:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

返信を残す

必須項目には印がついています*