必見!今後の売上につながる高単価自費治療とは

学ぶ価値がある!!巻き爪治療技術

今や治療院業界は溢れるばかりの状態になり

需要と供給のバランスがはるかに乱れている。

今後、生き残るためには高単価な自費治療で売り上げを上げなければならないことは

絶対的になってくる。

そんな高単価自費技術をお伝えします。

 

その前に

この治療技術はお伝えしてすぐできる技術ではありません。

そこをご理解いただいて以下をお読みください。

 

 
なぜ、すぐにできる技術ではないのか
 
  1. この自費技術はライセンスがなければ取り入れることができません。
  2. ライセンスを取得するためにはセミナーを受ける必要があります。
  3. 高度な技術な為、一回のセミナーで技術を習得しすぐに現場で提供できる技術ではありません。
 

上記の3つの事があるが故に高単価自費技術にふさわしいのです。

 

 
重要より供給のほうが少ない
 

今や様々な方法で高単価技術を駆使して経営をされている方は多いと思われますが

どうしても需要より供給のほうが上回っている現状にあります。

ですので、倒産する治療院、サロンが後を絶ちません。

また、治療院業界では開業して5年間継続できている所は20%と言われています。

実際とても厳しいです、、、

また、年々治療家と共に施術所は増加しております。

もう限界がきている、、、中でもまだ、需要より供給の方が下回っている治療商品があるのです。

それは

 

巻き爪治療

ピンとこない方もいるとは思いますが

巻き爪とは爪が巻き、皮膚に刺さってかなりの痛みを生じさせてしまう足病です。

靴や、爪切り、歩行量の低下等の原因により爪が巻いてしまう現象です。

また、近年大幅に増加傾向にあります。

巻き爪で悩まれている方は今や10人に1人と言われているくらいです。

多くの方が悩まれているのに対して治療する先生や場所があまりにもすくないのが現実にあります。

 

 
巻き爪治療は医者の管轄
 

以前までの巻き爪治療は手術が主流でした。

巻いている爪を切除する手術です。

しかし、かなりの痛みと共にリスクを考え、近年では手術ではなく矯正(補正)が主流になってきているのです。

この矯正(補正)治療が狙い目。

巻き爪補正は医者でなくてもできるのです。

巻き爪補正ライセンスだけ取得すれば一定の資格も無く誰でもできる技術になっております。

 

 
益々需要が増える巻き爪治療
 

巻き爪の痛みで悩んでいる方は今後益々増える事はわかっております。

また、それを見越て施術する方も増える事は予想されます。

まだまだ発展途上のこの技術をいち早く先取りし地域に根ずくことが求められるでしょう。

 

当サイトは巻き爪治療を高単価自費治療として推奨します

 

 

 

 

Similar Posts:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

返信を残す

必須項目には印がついています*